●スクーターのお部屋・目次 


乗鞍ツーリングレポート(2002'10)


2002年10月13日(日)、2003年より一般車通行禁止となり、今年限りで走れなくなる乗鞍へツーリングに行って来ました。
元々9月に行く予定でしたが週末の度に雨がちな天気になり10月になってしまいました。標高の高い所へ行くので、冬用ジャケット、革パンツ、ブーツ、冬用グローブと寒さに備えた支度をしておきました。

当日は朝早めに家を出て調布ICから中央高速に入ります。連休とあって交通量もかなりあります。談合坂SAにて休憩しましたが、天気も良いせいかツーリングライダーがグループ、個人共に数多くいました。


中央高速談合坂サービスエリアにて


 その後は双葉SAで給油、中央道原PAで休憩後、塩尻北ICで下へ降りました。これは、松本ICで降りるとかなり混んでいるだろうと予測した為です。この狙いは正解でしたが、松本電鉄の踏切を超えて国道158号へ出るとみっちり渋滞していてノロノロとしか進みません。左側をすり抜けしてましたが、ツーリンググループに追いつくとすり抜けもしないのにブロックする様にして前へ行かせてくれません。そこで松本電鉄の線路反対側へ踏切を左折し、野生の勘で適当に裏道を抜けていく事にしました。何回か行き止まりに当たったりしましたが、新島々までスムースに抜ける事が出来ました。その後給油を済ませ、すり抜けの鬼と化して道の駅風穴の里で休憩、食事しました。
 奈川渡ダムで一休みした後、トンネル内の渋滞に捕まります。排ガスにより温度も上がって散々な状態でした。標識に従って左折し、空いている道をエコーラインを目指します。途中、上高地乗鞍スーパー林道と交差する付近のパーキングで休憩し、三本滝より上に行った所で高度のせいか吹けなくなりました。三本滝駐車場へ戻り、薄目にキャブセッティングをしました。その甲斐有って吹け上がりも戻り、更に上を目指します。しかし、途中から登り方面は車の渋滞になります。後から来たバイクが対向車線を行くので私もついていきました。紅葉が綺麗でしたがやがて森林限界を超えると景色が一変します。


森林限界の上になると這松に植生が変わります。右写真の奥に渋滞中の車列が見えます。

その渋滞は結局、畳平まで数キロ続いていました。中には降りて歩きで上を目指す同乗者(車)も居ました。低速で走り、すぐ止まったりするのでミッションでなくスクーターで良かったです。そして、長野と岐阜の県境で日本国内の道路最高地点まで着きました。


長野県と岐阜県の県境ゲートにて

歩道に止めてすぐ上の大黒岳に登ってみます。高所の為、すぐに息が切れてきましたが、休みつつ頂上までたどり着きました。流石に景色は良かったです。


頂上からの景色(長野側)


上高地方向を望む


岐阜県側のスカイラインを俯瞰

ガレ場に気を付けて降りた後、畳平の駐車場へ行きます。バイクは車と別の場所に誘導され並ぶ必要は有りませんでした。


畳平駐車場にて

バスターミナル前には関東、関西他色々な地域のバイクが多く止まっています。スクーターはほとんど見かけませんでした。バスターミナル内の売店で飛騨牛串焼きを食べましたが美味しかったです。


奥の方からガスが少し出てきています。

そして乗鞍スカイラインを下ります。こちらは有料道路だけあってエコーラインより路面状態も良かったです。何故か対向車はほとんど居ませんでした。途中、日の陰った所では寒く、冬用グローブに変えました。


途中の駐車場より 手前は日暮れで陰になっています。

快適なワインディングを下り、夫婦松の料金所で\1100を払います。丁度日が暮れるので駐車場から見物しました。

夫婦松の料金所脇の駐車場より日没を望む


平湯峠のゲートでは登りを規制していて、次の日の開門を待つ車の列が少し出来ていました。平湯温泉までは空いていましたが、安房トンネル方面はノロノロと渋滞しています。トンネル内での渋滞はイヤなので、旧道の阿房峠を通る事にします。対向車もほとんど無く、空いていましたが街灯も無い夜の峠は恐いですね。最後はつづら折れの坂を下って行きましたが、途中から渋滞していました。この渋滞は国道158号に入っても奈川渡ダムまで続いていました。沢度温泉の駐車場で一休みし、キャブセッティングを戻した後松本へとすり抜けしつつ戻ります。給油して食事後に夜で空いているだろうから行ける所まで下道で行こうとぼちぼちと国道19号で塩尻方面へ向かいます。国道20号に入り、中央高速IC入り口の電光掲示板を見ると小仏トンネルまで渋滞有りと出ています。それならばとずっと20号を行く事にしました。国道20号は幹線国道だけあって登坂車線も有ったり、峠道でも街灯が有り走りやすい道です。途中、工事中で車線規制も有りましたがまずまず快調に流れていました。甲府バイパスでは対向車線に地元の暴走族を見かけました。上野原付近から相模湖までは夜中にもかかわらず渋滞し ていました。大垂水峠を抜けてやっと東京都に入ります。がら空きの道を自宅まで戻った時には夜中の2時近くでした。かなり疲れましたが行って良かったと思います。
来年には上高地乗鞍スーパー林道に行ってみたいと思います。

総走行距離 602km

●スクーターのお部屋・目次