●スクーターのお部屋・目次 


超私的ライディング講座

膝スリ出来れば上手いのか?


私の考える安全運転とは?
 いわゆる警察や教習所のいう安全運転とは制限時速をはじめとする交通法規を守り云々と言う奴です。もちろん、それも大事ではありますが、別の観点から考えてみましょう。
 まず、事故に会わず、取り締まりにも会わずに帰るという事です。当ったり前じゃんと思ったあなた、今までに捕まったり、事故ったりした事はないでしょうか?もし無ければ単に幸運だっただけかもしれません。

二輪車の特性を知ろう
 サーキットやテストコースならいざしらず、一般公道では二輪車だけで走っているわけではなく、乗用車、トラックなどの四輪自動車や自転車や歩行者との混合交通です。エンジン付きのバイク、スクーターは自動車とは違う特性があります。これを理解するために一番良いのは自動車免許を取って自動車と乗り比べてみる事です。しかし、年齢その他の条件で自動車免許の取得が出来ない方もいると思います。そういった方は助手席に乗った時など注意して見てみましょう。それ以外は想像力を働かせて下さい。なお、自動車免許をお持ちの方で乗用車を乗ってる方でトラック、バンを運転した事のない方はレンタカーで結構ですから、一度運転してみると視点、死角など色々と参考になります。
 まず、停止している時からの初動加速は特殊な場合を除けば、二輪車の方が勝っています。これは車体の質量(重量)が圧倒的に異なるためです。質量の大きな物体は重力により、その場所に留まろうとする力が強いです。それを動かし始めるためにはかなりの仕事量が必要です。(物理法則ですね) この質量の差は減速時にも現れます。慣性運動している質量体を停止させるという事を考えて下さい。
 次にコーナー(カーブ)では、二輪車は車体を傾けて遠心力に拮抗します。しかし、自動車はサスペンションのロールによって拮抗させます。また、通常の車線範囲内では二輪車の方が車幅の狭い分、ライン取りの自由度があります。さらに、二輪車の方がホイールベースが短いため、内輪差もあまり顕著に出ません。

まず、するべき事
 原付などではノーマルでは左側のミラーが付いていない場合があります。その場合はまず左側ミラーを付けて下さい。白バイの追尾は殆どの場合、目的車両の左後部から行う事が多いです。これは、右ハンドルの四輪車では左後方が死角になるためです。左ミラーが無いと、こういった追尾に気付かず、あえなく御用となってしまいます。捕まって泣く前に取り付けておきましょう。

車とケンカしたら負け
 質量差が大きいのに加え、二輪車はライダーの体がむき出しです。教習車のようなバンパー付きの大型バイクに乗って昔の軽自動車とぶつかるのでも無い限り、バイク側の方がダメージが大きいです。ですから、車とぶつからない、ぶつけられない様にしないとなりません。本来、道路交通上では二輪車と四輪車は対等ですが、この事をわかっていない白痴ドライバーが結構存在しています。白痴と争ってもしょうがないですし、もらい事故になるより自分の身を守る事を考えて下さい。

自分の存在をアピールする
 白痴ドライバーを始めとして、周囲に注意を払っていないドライバーは結構多く存在します。また、原付やスクーターだからといって車線左側を走っていると無理に抜きにかかる馬鹿ドライバーも存在します。さらに左後部は死角になりやすいという事もあるので、すり抜けをする時以外は堂々と車線の真ん中から少し右寄りを走りましょう。特に雨天の場合にはドライバーの視界が悪くなっているので重要です。
 また、こちらが単独で直進していると、速度を見誤って強引な右折やUターンをする車もいます。反対車線にウィンカーを出している車がいてこちらに発進しようとしていたらライトをハイビームにするかホーンを鳴らしっぱなしにするなど注意を喚起させて下さい。

視界を確保しよう
 二輪車の利点の一つに普通の乗用車に比べて視点が高いという事があります。車の流れを見通すのにこの視界は大事です。しかし、トラック、バン、バスなどの直後に付くと前方の視界が制限されます。なるべく乗用車の後部に付くようにしましょう。

すり抜け
 バイク、スクーターの利点の一つに渋滞でのすり抜けがあります。車線の幅に余裕の有る場合は難しく無いですが、注意点もいくつかあります。まず、自分のバイク・スクーターの最大車幅を体得する事です。大抵の場合はハンドル又はミラーが最大幅になります。それに後部のウィンカーやマフラーもどの程度の幅が有るのかを知っておいて下さい。スクーターの場合にはレッグシールドの幅も大事です。この車幅感覚がしっかりしていないとすり抜けした際に車と接触してしまいます。特に普段乗ってるのと違う二輪に乗り換えたときは要注意です。
 なお、その他のすり抜けテクニックについてはデビール田中さん解説を読むとすごく参考になります。また、すり抜けは左側からだけとは限りません。車線内で車が左に寄っていて抜けられない時は右側からすり抜ける事も出来ます。この辺りは車列の先を見て臨機応変に行くべきでしょう。

停止車両のドアー
 道に駐車してたり、渋滞や信号で停止している車のドアーは、中に人がいる限り常に開く可能性があると思って下さい。脳足りんドライバーや同乗者はドアーを開けるときに後方確認をしません。駐車車両をパスする時や停止している車の脇をすり抜ける時はくれぐれも注意して下さい。

Uターン
 つい行き過ぎたり道を間違えたりした場合、Uターンしなければなりません。交通量のそれ程無い普通の道であればそのままUターンすればOKですが、交通量がすごく多かったり、片側数車線あったり、Uターン禁止の場所もあります。こういった時は、バイクのエンジンを切って横断歩道を渡ってUターンします。エンジンを切って押し歩けば道交法では歩行者扱いになります。

一時停止
 優先道路へ出る所や踏切などでは停止線が有ります。法規上は停止線の前で一時停止しないとなりません。しかし、停止線の手前で停止したのでは視界が悪く、もう一度発進して前へ出て確認しなければならない場所が多い様です。この様な場所で停止線を通り過ぎると一時停止違反で取り締まりしている場合が有ります。そこで、停止線の手前でブレーキを掛けてうんと減速して一旦足を着く様にしましょう。もし、取り締まりをしていた場合でも確かに一時停止したと言い張る事が可能かもしれません。注:私がそれを保証する訳では有りません。

ねずみ取り
 ねずみ取りをする場所というのは大体決まっています。地元で良く知っているのであれば問題ありませんが、良く知らない所で捕まってもつまらないのですから、いくつかヒントを出します。先ず、スピードが出やすい場所で行います。これは、片側1車線から2車線へと車線幅が増えたり、コーナーや信号が多い所からはずれて直線になった所とかです。また、制限速度が低い速度へと変更になっている所も危ないです。さらに、捕まえた車両を入れるための駐車スペースがある場所で行われます。信号からダッシュで先頭に立つ場合には、制限時速+10Km/hくらいまでフル加速してそれ以上スピードを上げないのも賢明です。後ろから煽ってきたり、抜かされたりしたら、抜き返すのではなく、これ幸いと後ろにつく様にします。その先でねずみ取りしていた場合、抜かした車の方が捕まる事になります。

メリハリのある運転をしよう
 気の抜けたダラダラとした走りは楽な様ですがかえって危険な場合もあります。交差点や側道もない片側1車線の田舎道で車も居ないならともかく、市街地や片側2車線以上の場合は周囲の自動車の動きも一筋縄ではいきません。上手く車の流れを縫うためにはメリハリのある運転が必要です。加速するべき所では十分に加速して車の流れをリードしましょう。制限速度+αまで目一杯加速してすぐ巡航速度にします。ただただ制限速度を超え続ければ、取り締まりの標的になってしまいます。春や秋の交通安全運動期間中はαの部分を極力少なく抑えましょう。また、車線変更や右折、左折の前にはウィンカーを出すだけではなく、車線内での位置も変更し、周囲や後続のドライバーに自分がどちらに行くのかを明確に伝える様にして下さい。

スクーターでのコーナリング
 スクーターはバイクと比べてホイール径が小径です。従って、前後ホイールのジャイロ効果は小さくなります。キャスター角にも影響されますが、ジャイロ効果が小さい程、直進安定性が少ない。言い換えるとハンドルが切れやすいと言えます。また、一般のバイクではガソリンタンクによるニーグリップが出来ますが、スクーターではストリートマジックの様な例外を除くとニーグリップ出来ません。しかし、スクーターとて2輪車ですから、ハンドルを切るというよりは体重移動によって曲がっていきます。実はシート前方で腰をホールドします。従ってシートに腰掛ける位置は自分に腰がきちんとサポートされるところに座って下さい。足はバカみたいにがに股に開くのではなく、前方なり後方なりきちんと外足荷重が出来る場所に置くと良いでしょう。

知られていないツボ
 乗っている最中には体に不必要な力を入れない様にする事が大事です。これはコーナリングの最中でも例外では有りません。体が緊張しきっていたら素早い対応は出来なくなる可能性が有ります。ここまでは皆さんもご存知の事だと思います。さて、2輪車でのコーナーリングは、ライダーの重力検知と密接に関係しています。そのためには、歯を食いしばるのではなく、上下の歯が少し離れている方がよろしいでしょう。だからと言って、何も口を半開きにする事はありません。歯を食いしばると上半身に余計な力が入ります。また、踵に荷重をかける事で腰を含む下半身が安定します。


●スクーターのお部屋・目次