●スクーターのお部屋・目次 


Joker90(SRX90)のページ(カスタム編5)


フロントサスペンション交換

掲示板に書き込みされているネスカフェさんから特製のフロントサスを譲っていただきました。
下の左側がSHOWAのステッカーの入ったスペシャルサスで、右側がノーマルです。


昔、オクムラエンジニアリングがSHOWAと共同で作った物です。左右の径が違い、硬さの調整が可能す。
また、スプリングも不等長ピッチになっています。


取付後の様子です。フロント左側はかなりノーマルとイメージが異なって来ました。
リアサスペンションはマフラー交換時にオクムラSHOWAの305mmのモノを取り付けてましたが、フロントサス交換に伴って、250mmのオクムラSHOWA(現在はキタコ扱い)にヒップアップアダプタ(キタコ・4cm)を付けて全長290mmとしました。
これはリヤが上がりすぎて操縦性が変化しているのを良いフロントサスを入れたのを機会にキャスター等をノーマルに戻そうと思った為です。但し、マフラーとリヤバンパーが干渉するので、リヤバンパーを切り欠きました。
 さて、肝心のインプレッションですが、ノーマルサスでのふわついた感じが無くなり、コーナーでの安定度も良くなりました。また、ギャップを乗り越えた時もおさまりが良いです。
 良いサスを入れるとあたかも自分の腕が上がった様な感じで操縦出来るという感じです。また、見た目の方も他に無い程の格好良さとなり非常に満足出来ます。
 この場を借りて、この様な素晴らしいサスをお譲りいただいたネスカフェさんに感謝の意を表します。<m(_ _)m>

MALOSSIリードバルブ

+Gさんに行った所、MALOSSIのパーツが各種入荷していました。その中にホンダ車用のカーボンリードバルブが有りました。そこで早速交換してみる事にします。

左側がパッケージで厚紙の台に入っています。右側はパッケージ内容でカーボンリードバルブと専用のガスケット、ステッカーが入っています。型番は27 7440 COで価格は\7,000(H12年2月現在)でした。



ノーマルのリードバルブとの比較です。左がマロッシで右がノーマルです。上が上方(キャブ側)で下が下側(クランクケース側)です。
取り付けるネジ穴の位置は変わりませんから、ご覧の通りかなり開口面積が拡がっています。また、Reedもノーマルの3枚から2枚になっています。
 取り付けた感じではアクセルを開けた時のツキが良くなりました。但し、ピークパワーは上がらない様です。

番外:マフラーの断熱テープ

 バイク用品店で見かけたマフラーに巻く断熱テープを巻いてみました。2ストは排気に生ガスが含まれており、チャンバー(膨張室)の形状によってそれを戻すというのは皆さんご存知だと思います。この時にマフラーに行くと外気で温度が下がるというのを防止するというのがこのテープの目的です。表面は銀色で裏がアスベストなりグラスウールなりでコーティングされたテープです。
 さて、巻いてみた所、キャブセッティングが合わなくなりました。また、エンジンが暖まってくると急激にアクセルを開けた時にストールする様になりました。トップスピードも落ち、パワーも出なくなった事から外してしまいました。あまりお勧め出来ません。

Joker90(SRX90)のページ(カスタム編6)へ行く


●スクーターのお部屋・目次