●スクーターのお部屋・目次 ●2002 その1 ●2002 その3 ●2002 その4 ●2002 その5


第29回東京モーターサイクルショー・2002年4月・その2


Piaggio/Gilera

モトインターナショナル

三井物産とヤマハ系販売が組んだピアジオの新しい輸入元です。ヤマハブースの一角に出展していました。


Piaggioの博物館より持ち込まれたVespaのプロトタイプであるMP6 右は最新のVespaであるET4


シンプルなリアビュー 大変貴重なスクーターです。


日本初お目見えのBeverly200 \470,000(125は\390,000)とPiaggioスクーターのフラッグシップX9/500(7月発売予定)


Gilera ICE 空冷2スト50でデジタルメーターです。\195,000


こちらも日本初のGilera DNA50 \250,000 2スト水冷50で、125/180と異なりリヤは1本サスです。
契約の関係からか、ダミータンクのGileraロゴは入っていません。会場で配っていたカタログでは二本の輪のマークも修正されて消されていました。
Runner VXR200は遅れて入荷する予定との事で展示車は有りませんでした。

成川商会

以前からPiaggio車を入れていた成川商会もブースを出していました。


Gilera Runner180FXR-DD/SPとGilera DNA180


Piaggio X9 AMALFIと新たに125/150とラインナップの増えたVespa PX


MOPEDのBRAVOとCIAO

なお、この他には新たに取り扱いを始めたMZのバイクが有り、ZIPやリバティシリーズは展示されていませんでした。会場で配られていたカタログは「NOV 2000」という表記の入った古い物で FXR-DDは載っていても、DNA180,VXR180,ZIP125等は載ってない物でした。

Aprilia

輸入元がボスコモトからアプリリアジャパンになって初めての出展です。価格もずいぶん安くなってます。


スクーターのフラッグシップであるアトランティック 予価\599,000


スポーツスクーターのSR125(2スト空冷 \265,000/SR150は\299,000)とSR50(2スト水冷 \245,000) どちらもレプリカカラーです。


ハバナ50カスタム\249,000とレオナルド250\499,000


スカラベオシリーズ左は50 \229,000、右は125 \385,000(200は\399,000)

その3に続く


●スクーターのお部屋・目次 ●2002 その1 ●2002 その3 ●2002 その4 ●2002 その5